スポンサードリンク



古代インドで生まれたヨガは、はるか5000年の歳月を経て、全世界で大ブレイクしています。毎日のようにヨガマットを肩越しにレッスンに通うセレブたちの写真に憧れます。では仕事に忙しい一般人もホットヨガ効果を期待して毎日レッスンに通う「わけ」を検証しました。


ルイ・ヴィトンやグッチのヨガグッズ?

アメリカのニューヨークやロサンゼルスには10年以上前から、
ヨガスタジオが密集するほどたくさんありました。


極、最近、日本でもホットヨガスタジオが急増していますよね。


ヨガマットを肩越しに歩く女性を毎日見かけることもあります。

私が通うジムでは、ジム専用のマットが用意されていますが
それとは別にホットヨガ専用の個人マットを持参して
レッスンを受ける人が増えましたね。


ヨガマットと言いましても、ルイ・ヴィトンやグッチの
グッズから楽天ショップに並ぶマットまでいろいろですけど。


ホットヨガ効果のグッズ商品は、今や生活に密着した
必需品にもなってきているようです。

ホットヨガ効果を求めて毎日やる?

ホットヨガの効果を求めて毎日やる必要があるのか?
ないのか?どんな効果があるのかを検証していきましょう。


ホットヨガには大きく分けて3つの効果が期待できます。


①ボディメイク効果
②ストレス解消効果
③心と身体の不調解消効果

今回は、ホットヨガ効果の中でもっとも注目されている
ボディメイク効果を検証します。


身体を内側から引き締める効果、ハリウッドセレブの
すばらしいシルエットからうかがい知ることができる
ボディメイク。

1kgの体脂肪を落とすには?

体幹トレーニング

ホットヨガのすべてのポーズには、
「いかに姿勢を安定させるか」
というのが最大のテーマです。


知らず知らずの生活のなかで、
背中が曲がっている人、たくさんいますよね。

肩甲骨を拡げる筋肉を無くしてしまって
背中が丸い、俗に言う『猫背』。
さらに、下腹のお腹がぽっこり。


姿勢を安定させるためには、姿勢を安定させるための筋肉
『姿勢安定筋』を使います。

お腹ぽっこりは遅筋を鍛える

毎日、腹筋50回とか懸垂20回とかに夢中になっていませんか?


私たちの筋肉は、「速筋」と「遅筋」の2種類に分かれています。


瞬発的に動かす筋肉、短距離走やウエイトリフティング
などが「速筋」でしょう。

一方、「遅筋」はマラソンなどで使う持続的な筋肉です。


この「遅筋」は脂肪をエネルギー源として使用します。
ですから、脂肪を燃焼させて痩せたいという人は、
遅筋運動をやればいいです。


そして、普段姿勢を保つために使う筋肉
「姿勢安定筋」は「遅筋」を多く含んでいます。


つまり、「遅筋繊維」を増やすことにより、
脂肪を燃やしやすい体質に変わっていきます。


ホットヨガで個々のポーズで姿勢を安定させながら
10秒ほどキープすることで「遅筋」が鍛えられて
脂肪のつきにくい体質に変えていきます。


さらに、姿勢を整えることで、お尻やお腹がぽっこり
なんてことは徐々に消えていって、
美しいボディラインができてきます。


ホットヨガ効果は、5000年の歴史の中から
編み出された身体調整運動ですからね。


ホットヨガで早く痩せる方法? 筋肉をケアーすれば変わる!

毎日の身体の冷えを取り除くこと

脂肪は、新陳代謝の悪い部分からつき始めます。


これはダイエットの常識です。


血行が悪いところ、身体の動かないところ、
刺激されにくいところに脂肪は蓄えられます。


とくに冷え症の方は要注意です。

冷え症の方は全身に脂肪がつきやすいため、
太りやすいといわれていますから。


ホットヨガは全身の血行を促進させ、
代謝をよくしてくれます。


ホットヨガ効果で、身体が冷える体質、
ひいては太りやすい体質にピリオドを
うつことができるというわけです。


美しく痩せながら、身体が冷えるという
不快な症状からも解放されます。


「今しか見れない姿、残しませんか?」

ホットヨガで歪みが治る

身体が歪んでいるひとは痩せにくいとされています。


では、自分の体が歪んでいることを自覚する人は少ないです。


誰でも自分の身体は「歪んでいない」と思っています。


しかしながら、ほとんどの人は歪んでいると言っても
過言ではありません。


私の場合は学生時代に運動をやっていて、
同じランニングの運動をしていて、自然と
バランスが悪くなり歪んでいました。


それは自分では気が付きませんでした。
『足底筋膜炎』という症状が身体の歪みで
あることを気づかせてくれました。

自分では歪みについて判断できません。

足底腱膜炎が治った

人間の身体をビルに例えるなら、骨盤の
「ゆがみ」は、土台が歪んでいることを、
背中の歪みは、大黒柱の歪みを意味します。


この状況ではバランスは悪く、身体を支えるために
余分な部位に力を入れて生活しなくてはいけません。


よく考えてみてください。


バランスの悪い身体をいつも支えている筋肉は
疲れてしまいますよね。


特に腰の周りの筋肉は、毎日異常な負荷に堪えて
過ごしていることになります。


では、正しい筋肉の使い方はどうすれば?ですが、
ホットヨガのポーズから「姿勢安定筋」を鍛え、
歪みを根本的に解消することです。

小顔になるヨガのポーズ

ホットヨガ効果を求めて毎日やる必要がある? まとめ

身体の筋肉の質や身体の歪みなどについて調べましたが、
ホットヨガ効果は私にとっては大きかったですね。


1年半もランニング生活から遠ざかってしまって
自信を無くしてましたからね。


有名なマラソン選手の有森裕子さんも同じ症状ということで、
どうしても治療がしたくて困っていました。

足底腱膜炎が治った

「素人が足の手術などやってどうするの」という思いが
ありましたので暫く休んでいました。


そこでジムのプログラムに「ホットヨガ」というのに飛び込んで、
驚くことにホットヨガ効果でしょうか、2ヶ月で走れるようになりました。


いまでもホットヨガは実行しています。
レッスンの無い日は自分なりに毎日取り組んでいます。




スポンサードリンク