スポンサードリンク



ホットヨガで「痩せないなんていわせませんよ」。一般的に消費カロリーを増やすための基礎代謝をあげることは大変難しいと言われます。そこで基礎代謝を上げて、有酸素運動で脂肪を燃やし、さらに内臓脂肪を撃退する効果的なホットヨガの考え方をあなただけに説明しましょう。

ホットヨガで痩せないという前に!

突然ですが、私たちは知らないことだらけで生きていると思います。


と言いますのは、人間の骨は自分では動かないということです。
人の骨格筋、つまり身体を動かすための筋肉はいくつぐらいあると思いますか?


このことを踏まえて痩せる(ダイエット)痩せないの道しるべを一緒に確かめていきましょう。


一般的に基礎代謝を上げることは難しいと言われています。
基礎代謝量ってでのくらいなのでしょう。


私の場合ですが、
体重56kg
年齢32歳
約1220kcalです。

日常生活で身体が必要とするカロリーですね。
ですからこれ以上のカロリー摂取は脂肪となる?
ということ??

基礎代謝量、以上のカロリーは運動によって代謝しないと
大変なことになるということですね。

実際、理論上で説明されると怖くなります。
ゼブンイレブンのおにぎり1個が約150カロリーです。
2個食べると300カロリーですよね。

300カロリー代謝するのに、
何キロ走れば消費されるとおもいますか?

約5kmは走らないと減りませんよ。

私たちの身体は一つですが、
誰でも代謝のよい部分と悪い部分があります。


普段あまり動かさないで運動不足になっている部分は、
筋力が低下してエネルギー消費量が少なくなっています。


この筋力が低下している部分を刺激してやれば
基礎代謝は必ず増えます。


普段動かしている部分は常に刺激されていて、
脂肪はついてはいないと思います。


これ以上ここの部分は基礎代謝はあげられません。


普段動かさない部位はたくさんあります。
人の骨格筋は430個くらいあると言われますから。


そのうち、私たちはどれだけの筋肉を使って
日常生活をしているのでしょうか。


こう考えてみますと、ホットヨガのポーズで
いかに動かさない筋肉に刺激を与えて、
そしてその不自然な姿勢を保持するために、
弱い筋肉を強化しようとしているかがわかります。


そうです。
太い筋肉ではありません。
普段使わない弱い筋肉を鍛えます。


このことで基礎代謝を上げることができ、
脂肪のつきにくい、痩せ体質をつくることができます。


ホットヨガで痩せないなんて??


ホットヨガで早く痩せる方法? 筋肉をケアーすれば変わる!

有酸素運動で脂肪が燃える!

有酸素運動の長所は、運動している間に直接脂肪が燃え、
引き締まった身体になっていくところです。


瞬発的な運動より持久的な運動で「遅筋」を
使うことで脂肪が燃えるようにします。

これまたいろいろな条件があります。


運動の強さによって無酸素運動になり、
脂肪分が燃えないということも
ありますから注意しましょう。


逆に、運動量が少なすぎると、今度はエネルギー
消費量が少なすぎて、十分に脂肪が燃えないと
いうことになります。


では、ベストな有酸素運動は?


それは適度なリズム、持久力の全身運動といわれる
ウォーキングだといわれています。


このベストのウォーキングに匹敵するのが
ホットヨガ効果です。


1動作1呼吸の原則にもとづき、ゆったりとした
全身運動を呼吸に合わせて行いますから、
程よい有酸素運動になります。


ポーズ中にどんどん脂肪を燃やしていくことで
ホットヨガで痩せないことはありません。

女性の敵、内臓脂肪を撃退する!

最近、多くの女性にとっての
悩みのタネが、内臓脂肪です。

内臓脂肪は内臓を保護したり、温めたりする
という意味で必要な脂肪です。


ところが、これも必要以上に多くつくと問題ですよね。
お腹ぽっこりというシルエットは嫌われてしまいますからね。

「シボヘール」>>詳しくはこちら

内臓脂肪がつきやすいのはなぜ?

内臓は普段、食べたものを消化する働きをしています。


ところが、食べ過ぎるといくら消化しても
しきれないため、内臓筋肉が疲労したり、
ストレスで内臓が緊張すると、
代謝が低下してしまいます。


そうなってしまうと今度は筋肉が硬くなり、
血行が悪くなって正常に働かなくなり、
必要以上に脂肪が内臓についていく
ようになってしまいます。


悪いことに内臓をほぐす手段がないため、
代謝はなかなかあがりません。
つまり、ついてしまうと燃焼させにくい
脂肪ということになります。


例えばですが、肩や背中などは、マッサージに
行けばこりをほぐしてもらえます。
そして、運動をしようと思えば運動して代謝を刺激し、
筋肉をつけることはそう難しいことではないですよね。


ところが、内臓は、運動するにしても意識して
動かせるものではありません
(片岡鶴太郎さん以外は・・・笑い)。

片岡鶴太郎さんもここにハマってしまったのでしょうね。


内臓を元気にすれば、全身や、ひいては心も
元気に健康になるということでしょう。


ホットヨガのポーズでも、前屈やねじりなどを
中心にさまざまなポーズで内臓を圧迫刺激し、
適度なマッサージ効果をもたらすプログラム
で構成されています。


内臓の汚れた血液を押し出し、きれいな血液を
呼び戻すことで内臓を元気にしていきます。


この繰り返しで、ホットヨガ効果で
内臓脂肪を撃退してくれます。



ホットヨガで早く痩せる方法? 筋肉をケアーすれば変わる!

ホットヨガで痩せない? まとめ

基礎代謝の増やし方は普段使わない筋肉を刺激することで
全体の基礎代謝をあげることができるということですね。


有酸素運動、ホットヨガで痩せないことは無いでしょう。
弱い筋肉を刺激することで身体は変わります。

シボヘールの効果的な飲み方で脂肪を確実に落とす方法必見!

シボヘール口コミ評価ブログを冷静にチェックしてみました!

シボヘールの安全性は大丈夫ですか?製造工場に基準?検査は?

シボヘールの副作用はあるのか?原料の葛の薬効はどうなのか?

下半身の肉を落としたいとか肉が気になるひとは?これで美脚に!



スポンサードリンク