スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket



ホットヨガダイエット教室が自宅に帰る途中の駅前に増殖中。ヨガ(ホットヨガ)のダイエット運動は有酸素運動なのか?効果はあるのか?消費カロリー?基礎代謝は上がるのか?今回はヨガのダイエット運動に焦点を当てて記事にしていきます。

ホットヨガって有酸素運動なの?無酸素運動なの?

一見ヨガのポーズからすると、無酸素運動のように思えますよね。
ところが、実際ホットヨガを行ってみると体内から「カッ~~!」と燃えてきます。


「吸って~~」
「吐いて~~」


と呼吸法と同時にインナーマッスルを刺激してバランスを保ちます。
「長く~~く吐いて」
と言われるように、有酸素運動でしょうね。


呼吸がとても重要とされていますが、フラフラするときは
確かに止めてしまってます。(慣れるまではそうでした)


レッスン前にトレッドミルとかエアロバイク、クロストレーナーなどで
ホットヨガまでの時間に少し身体を温めて、汗をかいてから
ホットヨガの教室へ入ります。


このほうが体が温まり、適度に力が抜けていてダイエットヨガに
入りやすいと自分に習慣づけています。


本当の無酸素運動はときどきジムのバーベル(15kg)で筋トレ程度です。

有酸素運動の種目は?

・ウォーキング
・ジョギング
・ランニング(マラソン)
・水泳


有酸素運動の効果を出すためには次の2点が重要です。
1. 筋肉に比較的弱い力を継続的(20分以上)負荷を与える
2. 脂肪燃焼材料として酸素が必要


20分以上運動を必要とする理由は、20分を境にエネルギー源と
なる脂肪が異なるからです。


20分を起点として、20分までは血液中の脂肪を使います。
健康維持が目的であればこの時間で十分です。


しかし、ヨガダイエットであれば、20分後から使われる
内臓・皮下脂肪、これらを燃焼させる必要があります。


比較的長時間をかける運動にはなりますが、ヨガは他の
有酸素運動と比べ心拍数はそう多くは上がりません。


負担が少なく、自宅でもダイエットをはじめることが
できるのがヨガダイエットの最大の魅力です。

無酸素運動の種目は?

・筋トレ
・短距離走(瞬発系)
(連続で行うと1分も保たない様な運動は無酸素運動)

ダイエット効果はあるのか?

ヨガダイエットの運動では、腹式呼吸で行います。


自律神経の調整、血圧上昇抑制、脳の活性化など様々な効果があります。


呼吸ひとつで精神安定をすることで自信をつけたり、緊張状態でも
脳を活性化させたりすることができます。


ゆったりとした動きのようで、意外にも有酸素運動としての効果を
発揮するヨガダイエット(ホットヨガ)。


ヨガには有酸素運動として有名な脂肪燃焼の効果だけではなく、
身体面、精神面に様々な効果があるのです。

「シボヘール」>>詳しくはこちら

ヨガのポーズによる身体面への付随効果

・インナーマッスルの強化
・リラックス効果
・自律神経の調整
・集中力アップ

呼吸に合わせてゆっくりと行っていただくことで、血流の循環が良くなり、肩こり解消することが出来るんですよ。

ヨガの腹式呼吸をゆっくりすることで緊張状態が弱まり、冷え性が改善される

慢性的で再発を繰り返す腰痛に対して12週間のヨガプログラムは、一般的なケアに比べてよりよい改善が認められることが認められた。

ホルモンバランスを整える効能もあるので、女性特有の更年期障害や月経による不快症状などの緩和も期待できます。

筋肉伸縮と深い呼吸によってリンパの流れや血行がよくなり、内臓も活性化されることで、心臓発作、脳卒中などの病気予防になります。

ヨガでは、深い腹式呼吸を意識して行います。呼吸で肺、横隔膜を動かすと、全身の血流を良くし、自律神経の活動を整えることができるのです。

多くの方が特に強調されるのがメンタル面での効果です。精神が安定してきた、イライラしにくくなってきた、人間関係がよくなってきた。

ゆったりした呼吸や瞑想を組み合わせることで、集中力が高まり、おだやかで揺るぎない精神状態を作りだすことができます。


スポンサードリンク

ヨガによる体の動かし方で、うつの症状の緩和や薬の減量や再発の防止にも大切なことが判ってきたそうです。

普段使われない筋肉を刺激すると同時に深い腹式呼吸で 全身にくまなく酸素がいきわたるように深く呼吸をします。これにより、身体の一つ一つの細胞が活性化され、 活発な新陳代謝を引き起こし、ダイエット効果につながるのです。

 
足底腱膜炎が治った

消費カロリー?

一般的に60分のレッスンでホットヨガのケースで、
およそ330kcal程度と言われています。


一般的なヨガはもっと少なく200kcalぐらいでしょうか。
消費カロリーでの数値は少ないですね。


実際のところ、ヨガに期待すべきは消費カロリーではなく
脂肪燃焼効果といわれています。


酸素を吸いながら行うという有酸素運動独特の特徴から、脂肪を
エネルギーとして使うので脂肪燃焼効果が期待できると言われています。


ダイエットには脂肪燃焼が最大の目的ですから、
ダイエット運動としては効果がありますね。

基礎代謝は上がるのか?

ヨガダイエットでは、インナーマッスルを鍛えて
基礎代謝を上げるていきます。


実際のヨガでバランスを取るポーズがありますが、
身体がグラグラ(フラフラ)するのを止めようとする時に
インナーマッスルが鍛えられます。


逆に言えば、グラグラしている方がインナーマッスルが
鍛えられているということです。


グラグラしていると「出来ない」と素人判断して、止めてしまう
人がいますがまったく気にしないでいいことです。


このインナーマッスルは慣れという部分がありますから、
しばらく練習すると必ずできるようにみなさんなります。


できるようになったときは、小さな筋肉が出来上がったときです。
この小さな筋肉はいままで使用していなかった筋肉ですから、
基礎代謝のために大きく役立ちます。


脂肪をたくさん消費してくれるようになります。


筋トレなどで鍛えられる体の表面の筋肉とは違い、
体の内側につく筋肉です。


しなやかなボディラインには欠かせない筋肉です。
足のふくらはぎ部分が中から絞れてきます。


つまりヨガで、インナーマッスルを鍛えることは、
代謝アップと美ボディにとても効果的なのです。

ダイエット運動を自宅で行うヨガ(ホットヨガ)?まとめ

静かな動きをするホットヨガですが、実際の身体の中は燃え尽きて
しまうほど酸素と血流が入り乱れて活動しています。


筋肉部分も呼吸法によって伸ばすことにより、身体が変わってきます。
自宅でカンタンに行える運動としてダイエットにも
健康にもいいのではないでしょうか。

シボヘールの効果的な飲み方で脂肪を確実に落とす方法必見!

シボヘール口コミ評価ブログを冷静にチェックしてみました!

シボヘールの安全性は大丈夫ですか?製造工場に基準?検査は?

シボヘールの副作用はあるのか?原料の葛の薬効はどうなのか?

下半身の肉を落としたいとか肉が気になるひとは?これで美脚に!


スポンサードリンク

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村