スポンサードリンク

ランニングのダイエット方法で足下からスラリとスリムに変わった女性。そんなコピーと同じように自分でもやってみませんか?女性が気にするお腹周りがランニングで簡単に絞れます。それも無理せず楽しく笑いながらのランニングで。絞れるランニングダイエット方法を記事にしてみました。

ランニング

ゆっくり走(ランニング)で連想するもの

ランニングという言葉が出てくると、連想するのは『汗』『息が苦しい』『かっこいいウエア』『飲み物』『時計』『タオル』『シャワー』『日焼け止め』『帽子』『アームカバー』『膝痛』『スプレー』『筋肉痛』『脚太い』『軽いシューズ』『栄養ドリンク』といった用語が浮かんできます。


どうみても、この女性はランニングが好きだとは思えませんね(笑い)。
では、楽しくなる言葉を連想してみます。


『体脂肪3kg減』『スリムな脚』『姿勢』『背筋』『健康』『カラダ軽い』『肩甲骨周りが軽い』『日常の動きが楽』『朝の目覚めがいい』『食事がうまい』『肌艶がいい』『いつも前向きになった』『カラダが疲れない』『友達が増えた』『男性から声をかけられた』『朝の空気がうまい』『気分が爽快』『階段がさっさと登れる』などが浮かびます。

有酸素運動で体脂肪を燃焼する

ホットヨガのレッスンではストレッチ運動でしっかり汗を流しているのですが、そう簡単には体脂肪は減りません。


有酸素運動のランニングであれば体脂肪を燃やして減量することが簡単にできます。
そうです、3ヶ月という時間があれば4kg~5kgは体脂肪を減らせます。
それも週に3日から、時間にして1時間のランニングダイエット方法で絞れます。


例えば60kgの人が10km走ったら、約600kcalを消費します。
走るスピードは関係なく、速くても遅くても同じです。
1時間かけても、30分でも変わりなく、あくまで走った距離で決まります。


ですからランニングダイエット方法は、とにかくペースはゆっくりでいいので、なるべく長い距離をはしることで脂肪燃焼に繋がります。

ダイエット方法で効果的な有酸素運動

このような一定の負荷を筋肉にかけながら、ある程度長い時間継続して行う運動のことを「有酸素運動」と言ってます。


この有酸素運動は主に体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させてエネルギーとして使っています。そのためダイエット効果が非常に高いです。


ダイエットで過激な運動をすればエネルギーをたくさん使って痩せられるのでは・・・と考えている人は、この有酸素運動をよ~~くマスターして実行してください。
速いペースで走ってしまうと、それは無酸素運動となってグリコーゲンをエネルギーとして使うため、体脂肪は減ることはありません。


朝起きてからすぐ行うランニングはとてもダイエットに効果的です。
朝食を撮らずに空腹状態で走ることによって、体内に蓄えているエネルギーだけを使って走ることができるので、体脂肪を燃焼しやすくてダイエットとしては効果的です。間違いなく脂肪体重は減少します。


そのときは脱水症状にならないように、水分だけはしっかりと摂るようにします。水分と脂肪と体重の関係も自分でしっかり把握しておきましょう。
サウナで水分を飛ばしても、体重は減りませんということを常に念頭においてダイエットしましょう。

スポーツジムでも有酸素運動をダイエット方法に組み込む

無酸素運動の加圧式トレーニングやダンベル運動などのコーチは口を揃えて、有酸素運動を必ずやりましょうと進めています。


特に加圧式のトレーニングのコーチはいいます。加圧式トレーニングを45分行ってからダイエットをするのであれば必ず有酸素運動をしてくださいと。
ダイエット方法で脂肪を燃やす有酸素運動は効果ありということです。


「今しか見れない姿、残しませんか?」

ナイトランでのダイエット方法

新たにランニングダイエット方法を実際にやってみると、長年の生活習慣をパッと切り替えるというわけにはいきません。
会社での仕事やお酒のお付き合いなどに毎回のように断るということもできません。


ナイトランをやるのであれば、水曜日の「ノー残業デー」の夜はオススメです。では、ナイトランの食べ物の用意などから紹介していきます。


帰宅してからそのまま走る場合は、消化の早いゼリーなどで栄養を身体に与えます。
ご飯を食べてから走りたい場合は、1時間半から2時間半くらい時間を空けてから走ることにります。もちろんアルコールはNGです。脱水症状になりますから。


ランニングが終わったらストレッチ。サミノ酸などのサプリメントは運動後30分以内に摂るようにします。
寝る直前はプロテインを飲むことをオススメします。プロテインは寝ている間に疲れた筋肉を補修しますから。

ランニングダイエット方法で女性は変わる!まとめ

ランニングと聞くと『競争』という言葉が浮かぶ人は、子供のころの運動会がトラウマになっていませんか。
ランニングは太った身体を絞ってくれる有酸素運動というイメージに変えてみませんか。


メタボでランニングという人は、いきなりランニングは足腰に負担がかかってしまいますから、ゆっくり長い時間歩きで散歩からはじめましょう。
それから徐々にランニングへとスライドしていきます。
ゆっくりのランニングでスリムなカラダになりましょう。





スポンサードリンク