スポンサードリンク

ホットヨガのレッスン仲間の会話の中に「私は太る体質だから・・・」「痩せないのは体質のせいだからあきらめてるわ」このセリフはそんなに太っていない人からも比較的頻繁に聞こえてきます。では本当に「太る体質の人」などというものは、ほんとうにあるのでしょうか?検証してみました。

太る体質の人

太る体質の人などというのはあるのでしょうか?

実際に体質が原因で太っている人ではなく、体質が原因で太っていると思い込んでいる人がほとんどです。


食べ過ぎてしまって太っているのを体質のせいにしている人が中にはいます。
また、「同じくらい食べているのに、あの人は太らないんです」と言う人もいます。
でも、太らないという人をよ~く見ていると、動きが素早かったり、良く歩いていたり、こまめに動いていて消費カロリーが大きいことがわかります。


また、食べている量は多くてもカロリーの低いものが多かったり、間食などは一切してなかったりといった感じです。
つまり、カロリーの出入りを差し引き計算すると、結局、太っている人より少ないカロリーしかとってないことがわかります。


これとは逆に太っている人は、夜更かしの影響で朝食を抜いたり、その反動で昼に大量にまとめ食いをしています。
しかも時間がないので早食いになって、仕事柄とはいえ移動はすべて車。さらに午後は移動中に車の中でついつい口さみしくなって移動しながらチョコレートなどつまむといった具合。


夕食はご飯抜きでダイエットしたつもりでも、フライドポテトやから揚げをつまみにビールをグイグイなんて。
深夜までテレビゲームをしながらポテト一袋を完食。


このようによ~く見てみれば、太っている人は必ず太るようなことをどこかでやってしまってます。
太った人は悲しいことに、そのことに気づいていません。
そして、たまに体操をしたり、ご飯を抜いたりしていて、「そんなに食べていないし、努力もしているのにヤセないんだから、やっぱり太る体質なのよ」
と原因をほかのところにおいて、あきらめてしまっています。


どちらかと言えば、おおらかといいますか、あまり小さく纏まりたくない人種のようです。
そうは言ってもこのタイプの人は、「体質」という便利な言葉を使って、ダイエットを真剣に捉えていないようです。

<太る体質の人(思っている)>
・夜更かしして、夜食のせいで朝食抜きにしている人
・昼食で朝食の分もまとめて食べる人
・時間がなくて早食いの人
・移動によく車を使う人
・口さみしいからとおやつをつまみ食いする人
・おつまみにたっぷりで晩酌する人

<痩せている人>
・朝食はたっぷり、昼食は、夕食は食べる量を減らしている(特に夕食)
・良く歩いたり、こまめに動き回る人
・動作をきびきびすることで消費カロリーが大きくなる
・高カロリーのものは少量にして、低カロリーのものをたくさん食べる人
・間食はできるだけしない人

水を飲んでも太るのですか?

どうしてカロリーのない水を飲んでふとるのでしょうか?
カロリーがないのですから脂肪としてカラダに蓄積されることはありません。


それは単に思い込みというものです。
水を飲んだ後、体重が増えるのは当然のことです。
でも、人間のカラダは、水分の量を一定にするために調節しています。


尿にしたり、汗に出したり、1日たてばまた体重はきちんと元に戻っているはずです。戻らないという人は、何か水と一緒に食べたとか、水ではなくカロリーのあるジュースだったり、はたまたビールを飲んだかもしれません。


太る体質の人が口にしています。
「私は、食べたものが吸収されやすい体質なんです」
と「体質論」まで持ち出してしまいます。


このようにいいわけだけで何の根拠もありません。
自分がかわいいだけのことです。
諦めないでダイエットに真正面からチャレンジすれば道は開けます。

ダイエットの取り組み方

前述したような思い込みを正すためには、自分の生活態度や行動様式の真の姿を知る必要があります。


こういった人たちが自分を知るためにやるべきことは、その日の細かな行動、体重の変化などを記入する日記がおすすめです。


はじめのうちは、自分でもいつ何を食べているか忘れてしまっているため、なかなか正確にチェックできませんが、慣れてくると口に入れたものすべてを書き出せるようになってきます。そうなればもう成功も同然です。


ちょこちょこ口にしていたものがすべてカロリー計算し、動いたぶんのカロリーと比べると、びっくりします。
「太る体質」を主張していたひとでさえ、みずから書いた日記を見返して、自分がいかに無意識のうちにたくさん食べていたか、そして運動不足がここまでなの?と、ガクゼンとしてしまいます。


太っていたのが体質ではなく、自分の行動や習慣のせいだということに気が付けば、もう大丈夫です。
そんな人は自分の力でダイエットに取り組むことができるようになります。


「今しか見れない姿、残しませんか?」

『太る体質の人』なんてありえません!まとめ

いままで「太る体質の人」という枠組みのなかにいた人も生活習慣を改めることですが、その習慣にまず気づくことが最初の1歩。
そうなれば痩せるまでの道のりは、そう遠いものではありません。

たった1分でツルンツルンむきたまご肌へ!



スポンサードリンク