スポンサードリンク





母の日
60代女性にちょっとしたプレゼント?
少し悩んでいるあなたに、私がすすめる母の日プレゼントを紹介します。


申し訳ございませんが今回の記事は、「母の日プレゼントの60代ランキング」ではございません。
ランキング形式によるいろいろな商品情報ではなく、もっとストレートに、60代のあなたの母親に必ず喜んでいただけるものを1つだけ紹介します。
(私の経験だけですが・・・)
もう、このシリーズで3年目となっております。


私の場合は、お花以外の母の日プレゼントとして「本物ガーゼケット」を毎年の鉄板にしています。
くわしい情報は商品リンクとともに記事中にいれておきます。
けっして、私はお店の営業マンではありません(笑い)。
毎年、北海道の母親に送って喜んでもらっている商品です。

60代の母親に「母の日プレゼントにはお花以外の鉄板!」

母の日
私のふるさとは北海道です。
母親は父親とともに、元気に農業に励んでいます。
まだまだ若い60歳代ですから元気そのものです。


ちょっと昔のことを思い出してみますと、子どもの頃の母の日のプレゼントには、手作りケーキなどを母親に渡していました。
母親と一緒にケーキを楽しく作った記憶がいまでも残っています。
ただ記憶の中にあるのは、ケーキの味ではなく、母親と一緒に楽しんだ嬉しさが今もあります。



あなたはどんな想い出がありますか?


母親が一番喜んでくれるのは、プレゼントなんかではなくて、元気な顔を見せることだとわかっています。
元気な顔をお互い確認しあって安堵感に浸りながら、今年も「ガーゼケットのパジャマ」を直接渡そうと思ってます。


東京での生活が北海道から離れて早、15年も過ぎてしまいました。
小学生、中学生といった子供の頃に母親がやさしくかけてくれた薄い毛布。


60代になった母親の身体を大切にしてもらいたいという願いから、お花以外の「ガーゼケット」です。
毎年、いろいろな「5重無添加ガーゼケット」「無添加ガーゼパジャマ・ネグリ」「7重無添加ガーゼ綿毛布」などを母の日のプレゼントにしています。


母親も喜んで使ってくれています。
まさに、おしゃれな実用品といったところです。

    1. 苦労して育ててくれた母親をそっとやさしくつつんでくれる
    2. 1年中の快眠を楽しんでもらえる
    3. 冬は蒸れない毛布で驚きの暖かさ
    4. 夏は寝汗知らずの快眠
    5. 1日の疲れを癒すように肌をケアー
    6. レビュー数が14000件
    7. 税込み¥5,616円(送料無料)




母の日

母の日プレゼントでお花以外の人気商品一覧

母の日の贈り物といえば、カーネーション!でしょう。
カーネーション1本でお母さんは喜んでくれると私は思います。
だって、お母さん「ありがとう」の気持ちが伝わればそれでお母さんは嬉しいんですからね。


母の日の安いプレゼントと言える「カーネーション」1本でも気持ちは通じます。
お母さんって優しいんですから。



ですから、母の日にはスマホで、お母さんの声を聞いてはどうでしょう。
プレゼントもいいですが、お母さんとの会話も楽しんでみては・・・。

<母の日プレゼントの人気アイテム>

  • スカーフ、ストール
  • ハンドクリーム、ボディクリーム
  • 洋服、靴
  • 財布、キーケース、コインケース
  • 日傘、傘
  • 美容グッズ
  • 焼き菓子
  • 母の日

  • 和菓子
  • バームクーヘン
  • 水筒
  • 鍋つかみ(ミトン)
  • エプロン
  • 帽子
  • マッサージクッション
  • 電動歯ブラシ



母の日のお花のプレゼントに赤いカーネーションを贈るのはどうしてでしょうね。


ストロベリーの香りでついふりかえさせる!

スポンサードリンク

赤いカーネーションの意味は?

日本の母の日は、アメリカの女性宣教師たちによって広められました。
青山学院大学で1913年に日本で最初に「母の日」の行事が行われました。
その後はキリスト教会が中心となって日本全国に「母の日」を浸透させていくことになります。


<何故カーネンションの色は赤なのでしょうか?>
キリスト教会が広めた当初は、カーネーションの色は、

  • 亡き母には白色
  • 存命の母には赤色

とされていたといいます。
ところが、「母の日」が一般庶民に知れ渡る途中で、白色よりも赤いカーネーションが好まれていきました。
どうしても赤のカーネーションがインパクトがあったのでしょうね。


プレゼントする子どもの側も、受け取る母親の方も赤いカーネーションがよかったようですね。
もう一つの要因には「花言葉」にもあったようです。

赤いカーネーションは、

  • 「母への愛」
  • 「母の愛」
  • 「純粋な愛」
  • 「真実の愛」

という花言葉の意味が込められていて、母の日に贈るカーネーションの色としてピッタリフィットしたということになりますね。

〇ピンク
「感謝」「気品」「あたたかい心」「美しい仕草」という意味です。こちらも母の日にはふさわしい花言葉ですね。

〇オレンジ
「熱烈な愛」「純粋な愛」という意味で、どちらかというと恋人向けといえるかもしれません。

〇青
「永遠の幸福」という意味です。寒色ですが、あたたかい意味合いなんですね。

母の日プレゼントにはお花以外の鉄板!60代の身体にやさしい!まとめ

母の日プレゼントでお花以外の贈り物で、私はわたしなりに母親が一番喜んでくれるものに決めています。
今年の「母の日」には母親の喜ぶ顔と一緒に写真もいっしょに撮ろうと思ってます。
みなさんも母の日のプレゼント考えましょう。


スポンサードリンク
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村