スポンサードリンク



イライラが頂点に達する前に食生活の改善をはじめましょう。イライラを抑える方法では正しい食事をきちんと毎日摂ることが基本。この食事摂取から人間には気力と体力がつき、前向きな脳の働きでイライラを抑える方法が備わってきます。ではどのような食べ物なのか調べてみました。
イライラを抑える方法、食べ物

ビタミンCをこまめに摂取する

イライラを抑える方法の食べ物で、4~5時間ごとに摂取して欲しいのがビタミンC


女性の美容と健康のためには、ビタミンCの摂取は不可欠ですね。
女性が好むコラーゲン合成や、メラニンの生成を抑えてくれる働きがビタミンCにはたくさん含まれていますからね。


ビタミンCの摂取量は1日100ミリグラム。
ですが、
美しいカラダへの効果を目的とするなら、1日2000ミリグラム(レモン100個分)はとりたいといいたいところですが、ビタミンCは水に溶けやすく、脂肪のようにカラダに蓄積されることはありません。


2000ミリグラムを一度に摂っても半分以上が無駄になってしまいます。
食べ物からだけでなく、サプリメントも利用して、4~5時間ごとに摂取するようにしましょう。

イライラ・ピクピクしたらマグネシウム

イライラを抑える方法で、日本人が不足しがちな栄養分としてよく知られているのがマグネシウムです。


マグネシウムは、骨をつくるために大切な栄養素です。
カルシウムではありません骨には。

イライラを抑える方法、食べ物そして、マグネシウムは筋肉の収縮や脳の神経細胞の働きにも関係してますから。
そして、マグネシウムが不足すると、筋肉の活動が低下し、まぶたがピクピクと痙攣したり、脚がつりやすくなったりするようになります。
さらに、このとき脳細胞の働きでコントロールが上手くできなくなり、イライラしたり、物忘れがひどくなったりという症状が現れます。


このように、骨密度の低下は表に出にくいのですが、ピクピク、イライラなどカラダの変化を感じたら、マグネシウム豊富なナッツを食べると改善されます。

カット野菜はできるだけ避けましょう

イライラを抑える方法で、コンビニエンス・ストアやスーパーなどで、すでにカットされた野菜が並んでいるのをよく見かけます。
ついつい、手軽に購入できて、手間が省けていいのでは・・・と思って購入している人にちょっとだけ注意が必要です。

イライラを抑える方法、食べ物それは、野菜の鮮度保存を保つために、塩素系の殺菌剤や食品添加物が使用されている可能性があるからです。
さらに、カットされた部分からビタミンCやカリウムなど水に溶けやすい栄養素が流れてしまっています。


できることであれば、野菜はまるごと購入して、きちんと自分の家でカットしたものを摂りましょう。


どうしても野菜などの葉物は部分的に残ってしまうので、ついつい節約的な感覚が働き、カット済のものを購入していましたが、今後はまるごと。

お酢&フルーツが体質改善に!

イライラを抑える方法で、慢性的な便秘や貧血は、カラダだけではなく心にもストレスをもたらします。
そんな人は、お酢とフルーツを組み合わせたものを間食に摂り入れてください。


お酢に含まれるクエン酸にはブドウ糖を燃焼させ、疲労回復を促す効果があり、疲れのたまりにくいカラダを作ってくれます。


そして胃腸の働きもあるため、便秘の解消に効果的といえます。便秘気味の人はフランクオリゴ糖の含まれるバナナと組み合わせて摂るのがおすすめです。


また、貧血気味の人は鉄分の豊富なプルーンとお酢を組み合わせるとよいです。

「シボヘール」>>詳しくはこちら

リラックス効果の抹茶を緑茶に混ぜて

イライラを抑える方法で、「日本人の伝統的な食文化」がユネスコ向け異文化遺産に登録されたことは、大きな話題でした。
世界に和食の素晴らしさが認められて、世界に食文化の高さを知ってもらったのではないでしょうか。

イライラを抑える方法 食べ物この和食のお供として欠かせないのが「緑茶」です。この緑茶には、抗ストレス作用のある成分が多く含まれています。


そして、太陽化学と名古屋大学大学院環境学研究科の共同発表で、緑茶のうまみ成分「テニアン」に、リラックス効果があることがわかりました。テニアンは緑茶の中でも少し高級な玉露や抹茶に多く含まれています。


そこで、緑茶に抹茶を混ぜれば簡単にテニアンが摂取できます。

発芽玄米のGABAを摂る

GABAとは中枢神経に生じるアミノ酸の一種です。
静岡県立大学食品栄養科学部栄養学科・横越英彦教授の指導の下に行われた研究結果によると、GABAの摂取で心拍数が落ち着き、リラックスして脳波がα波になる癒し効果があることや、抗ストレス作用により免疫力低下を抑えることが明らかになりました。


イライラを抑える方法で、GABAを多く含む食品に「発芽玄米」があります。
100グラム中の含有量は10ミリグラムで、これは白米の10倍にあたります。


白米に発芽玄米を混ぜて、同じくGABAを含むお漬物を添えるという和食はカラダにとてもいいたべものです。

イライラを抑える方法が食べ物で・・・まとめ

イライラするのはストレスからくるので、ストレスを無くすことばかり考えていましたが、口にする食事をコントロールるることでイライラを抑える方法が食べ物にありました。

このイライラはなんとも抑えがたいもので、食べ物で解消できると聞くだけでホッとしました。

シボヘールの効果的な飲み方で脂肪を確実に落とす方法必見!

シボヘール口コミ評価ブログを冷静にチェックしてみました!

シボヘールの安全性は大丈夫ですか?製造工場に基準?検査は?

シボヘールの副作用はあるのか?原料の葛の薬効はどうなのか?

下半身の肉を落としたいとか肉が気になるひとは?これで美脚に!



スポンサードリンク