スポンサードリンク

若い女性に限らずいつまでも若さを保つ秘訣があれば気になるはずです。女性の人は年齢が同じであれば直ぐに若さを比較しませんか?髪の毛、シワ、背骨、腰回り、歩き方、化粧ののり、手のシワ・・・。若々しい人には魅力を感じますよね。役に立つ若さを保つ秘訣を調べてみました。

若さを保つ秘訣 女性

若さを保つ秘訣には3つのバランス

よく健康づくりに言われる3つのポイント。
「運動」
「栄養」
「休養」
これらのバランスが整っている人が、若々しく生き生きしていて人間的な魅力がいっぱいだといいます。

人生いろいろ、あるんですよね。
毎日、若々しく生き生きなんて・・・。

運動はしている人の方が若々しいですね。
休養はなかなか忙しくて・・・。
栄養もあまり意識してなくて・・・。

あなたのバランスは整っていますか?
具体的にみていきましょう。

若さを保つ秘訣は抗酸化物質で決まり!

【年齢を重ねていくとしわが増えたり、シミができたりして、容色が衰えることもそうですが、加齢とともに体の機能が衰えてくる根本的な原因は活性酸素であるという説があります。】


女性にとって最大の敵と言ってもいいでしょうね。活性酸素という物質。
この活性酸素は確かに、人間のカラダを酸化させて壊してしまう働きがあります。


この活性化酸素の毒から逃れるには、食品から栄養(抗酸化物質)を摂っていくのが若さを保つ秘訣に効果的だといいます。
よく知られているものにビタミンCとビタミンEがあります。


ビタミンCは水溶性のビタミン。活性酸素の中でも、血液中など水に溶けた部分に抗酸化機能が働きます。
活性酸素は脂肪を酸化させて、過酸化脂質というものをつくります。
これが人体にいろいろな悪さをするのです。
動脈硬化や認知症にも関係しているといいます。


そして脂質の酸化を防ぐのはビタミンE。
ビタミンEが活性酸素を解毒すると、体内のビタミンEのうち抗酸化作用をもつものはへるのですが、それを元に戻すときにもビタミンCが働くといいます。

ビタミンCとビタミンEはセットで摂る

ビタミンEは活性酸素を無毒化するときに、代わりに酸化されてしまいます。
そうすると効力がなくなるのですが、酸化されたビタミンEをビタミンCが元に戻して、次にビタミンCが代わりに酸化されてしまいます。


ですから、ビタミンEとビタミンCは共同して、活性酸素の毒からカラダを守っているということで、このふたつのビタミンCとEha両方をセットで摂る必要があります。

ビタミンCとビタミンEの1日の摂取量?

若さを保つ秘訣 女性ビタミンCの1日の所要量は100mgです。
ビタミンEの1日の所要量は男性で10mg、女性で8mg。


もうひとつ抗酸化物質としてよいものに、みなさんよく耳にするポリフェノールがあります。
抗酸化の効力だけを比べると、ビタミンCよりもはるかに効力は強いです。
ワインやチョコレートに多く含まれています。

ビタミンCを多く含む食品は?

唐突にビタミンCを摂取しましょうと言われても、ちょっと・・・。


人間のカラダには、ほとんどの動物にあるビタミンCを生成する際に必要な酵素がないため、ビタミンCは他のビタミン同様、体内で生成することはできません。
ですから、必要な量を野菜や果物などのビタミンCを多く含む食べ物から摂るしか方法はありません。


ビタミンCは、果物や野菜、イモ類などに含まれます。
一般的に購入しやすい食品(100g当たり)では、赤ピーマンが170mg、芽キャベツが160mg、黄ピーマン150mg。


果物ではキウイフルーツが140mg、レモンが100mg、甘柿が70mgとなっています。

ビタミンCの効果は?

ビタミンCがもつ効果は、強い抗酸化作用です。
この抗酸化作用により、活性酸素による細胞の酸化が予防でき、結果として動脈硬化や心疾患、加齢によるさまざまな症状が防げます。


またビタミンCは、コラーゲンを作り出すときにも欠かせません。
若さを保つ秘訣の代名詞のようなコラーゲンには肌にハリや弾力をもたせる働きがあり、美容効果が期待されています。
さらに、粘膜を正常な状態にする働きもあり、免疫力を発揮する大切な成分です。

ビタミンCは不足するとどうなる?

ビタミンCが不足すると、肌や粘膜が最初にダメージを受けてしまいます。
これはコラーゲンが生成されないためです。


この状態をつづけていくと、細胞間で不具合が発生して、もろくなった血管から出血したり、ケガの治りが遅くなったりしてきます。

「シボヘール」>>詳しくはこちら

ビタミンEの場合は?

ビタミンEもCと同様に酸化した不飽和脂肪酸を安定した物質へと変化させる仕事をしています。そしてそれ以上酸化が進まないように働きます。
ビタミンEには細胞膜の酸化が広がるのを防ぐ仕事をしています。

<種実類でビタミンEの多い食品>
種実類の中にはビタミンEが非常に多く含まれているものがあります。
とくにアーモンドはその代表格といっていいです。
アーモンドは10粒14gで4.1mgものビタミンEを摂取できます。


ヘーゼルナッツも10粒つまめば2.9mgのビタミンEを摂取できます。
もともとの含有量が多いために少量でもビタミンEがしっかりと取れるのが特徴です。

【若さを保つ秘訣】若い女性が注目する抗酸化物質で若返り!まとめ

若さを保つ秘訣ってはっきりこれといったものはないですよね。
それでも、最低でもビタミンCとビタミンEの摂取はこころがけることは大切です。


肉体的にもそうですが、あとは精神的な要素もかなり影響するようですね。
あとは、DNAといわれる家系からも影響されますよね。
後は、背中を丸めないで胸張ってお仕事しましょう(ですね、笑い)。

シボヘールの効果的な飲み方で脂肪を確実に落とす方法必見!

シボヘール口コミ評価ブログを冷静にチェックしてみました!

シボヘールの安全性は大丈夫ですか?製造工場に基準?検査は?

シボヘールの副作用はあるのか?原料の葛の薬効はどうなのか?

下半身の肉を落としたいとか肉が気になるひとは?これで美脚に!



スポンサードリンク