スポンサードリンク

クリスマスケーキにいちごは欠かせません。ショートケーキの代表「いちご」は鉄板ですね。なぜケーキの上のいちごがあるの?本当のいちごの旬はいつ頃なのでしょうか?プロだけが知る本当に旨いいちごとは?いちご栽培のプロの農家でいちご狩りのお手伝いをしながら聞いてみました。

クリスマスケーキの上にいちごがあるのはなぜ?

今日はクリスマスイブ24日。
街のケーキ屋さんにケーキを買いに
行ってみました。


どこのケーキ屋さんもこの日の売り場は
クリスマスケーキを求めるお客さんでいっぱいです。


クリスマスケーキの陳列棚を覗いてみると
真っ赤になった「いちご」がケーキの上に
5個も6個も所狭しと乗っかっていてびっくりします。


いちご旬

白いソフトクリームで化粧した上に
赤いいちごはよく似合いますよね。
ビジュアル的にもうまく演出されていて
購入者の目は赤いいちご一点に絞られます。



赤というのは人間にとって食欲をそそる色とされていて、
見るからに舌鼓を誘うショートケーキ。
もちろん、誘惑に負けてクリスマスケーキを
購入してわくわく気分で。。。

パティシエに聞きました

私の住むご近所に、ビニールハウスで
いちご栽培をやられている農家さんがあります。


千葉県にあるビニールハウスです。
12月の中旬にランニングのコースに
いちご収穫の「農繁期につきアルバイト募集」の
広告を発見・・・。


時間的にちょうど私の時間に合っていたので
直ぐに応募。
OKを頂いて、12月17日からいちご収穫のアルバイト。


いちご旬

そこには、ケーキ屋さんのパティシエさんが
いちご栽培農家のオーナーから直接いちご購入のため
毎日のように顔を出して、いちごの旬を求めてきています。


そんなパティシエさんに、なぜケーキの上にイチゴが
あるのかと直接、質問をぶつけてみました。


すると、ケーキ屋さんらしい現実的な答えが
即答で返ってきました。


「いちごの方が売れるからです」


オレンジ、メロン、キュウイなど色々な果物があります。
でもその中で一番売れるのがいちごが
ダントツで売れるといいます。


もちろん、いちごの旬も大切ですが、
朝一で収穫されたいちごを直接購入して
ケーキ作りに仕込むといいます。


市場やスーパーで購入するいちごとは
品質がまったく違っていて、新鮮さ
には叶わないといいます。


おまけに、いちごの冷凍はクリスマスケーキには
使用できないことも教えて貰いました。


いちご作りもプロの農家さん。
クリスマスケーキ作りのパティシエもプロ。
毎日のようにいい話が聞けて最高です。


そうそうアルバイトの時間は、
朝7時から10時ごろまでです。
いちごの赤い実だけを収穫していきます。
もちろん収穫用のチャートがあります。


距離的にいちばん長いいちごの畑が、
110メーターのビニールハウスです。
そうですね、約3本、330メーターを収穫すれば
3時間程度でバイトは終了します。
収穫量は、その日のいちごの状態にもよりますが
いちご収穫ケースで15ケースほどです。
ちょうどいい運動になります(笑い)楽しいです。

いちごの旬はいつごろでしょうか?

糖度を測ってみたら一番甘い先端の部分で16.4度ありました。
ちなみに、メロンの糖度が16.0が基準です。


私のバイト先で栽培しているのが、全国的に
知られている「とちおとめ」という品種です。
栽培するのに適しているのがこの「とちおとめ」。


表面に艶があって真っ赤に染まる綺麗な形状は、
一瞬、綺麗すぎて摘まんでみたくなります。
いちご旬いちごには1・2番花といのがあり、約10個ほどの花が咲きます。
いちごは開花して約40日で収穫できます。


1番花の収穫をクリスマスケーキの需要に合わせて
栽培してますので、12月23日あたりで1番花の実を
収穫したことになります。


そして、いちごの旬で一番いちごが美味しいのは、
2番花のいちごと言われています。
そうです、1番花から40日後といえば、1月の下旬から
2月の初旬に収穫されたいちごが最高に美味しいと言われます。


まさに、この時期にとれたいちが旬のいちごです。


プロの栽培農家のオーナーが自信をもって進めていますよ。
実は、本当のことを言えば、クリスマスに出てくるいちごは、
そんなにいちごとして美味しいとは言えません。


市場で需要が高まるので、それに合わせて出荷が多くなる
というだけで、いちごの旬と言えば1月下旬から2月の
初旬がいちごの旬(ピーク)です。


その後もいちごは実をつけてくれますが、3番花位に
なりますと親株自体に力が無くなっていきます。
それでも5月頃まで収穫できるといいます。


いちご栽培のプロが本音のところを漏らしてくれました。
めったにない情報ですよ。
いちごのアルバイトで情報集めたのですから。


クリスマスのケーキに飾られているので、
旬はクリスマスの頃だと思っていませんでしたか?


プロのいちご農家に聞きました!

いちごの生産量が多いところは?

1位 栃木県 28000トン
2位 福岡県 18000トン
3位 熊本県 13000トン


栃木県の生産量はダントツとなっていますね。
栃木県の「とちおとめ」はいちごの栽培が意外と
難しくないといわれます。
それでも、他県にこれだけ差をつけているのは、
まだまだノウハウがいっぱいあるようですね。


栃木県の真岡市がいちご栽培では特に有名です。



【いちご狩り千葉】プロに習う「いちごの取り方」超簡単!!
【おもしろ】いちごのヘタの取り方

いちご狩りが楽しめる観光農園

ここまでこの記事を読んでいただいたのですから、
いちご狩りスポットを紹介しましょう。


栃木市にある観光農園『アグリの郷』です。
この農園は、12月上旬~5月上旬まで楽しめます。


品種は「とちおとめ」「とちひめ」が味わえます。
【30分食べ放題】
(12月~1月)→・大人 1,500円
        ・小学生 1,100円
        ・幼児(3歳~未就学児) 800円

料金は2月3月4月5月と進むにつれて、
100円単位で値下げになります。

『アグリの郷』


所在地:栃木県栃木市大塚町128-1
電話番号:0282-27-0882
営業時間:10~15時(毎週木曜日は定休日)
アクセス:最寄駅「東武野州大塚駅」から徒歩15分ほど。
お車の場合は、東北道栃木ICから県道2号経由で6kmほど。
(駐車場・・・50台分完備)

旬の上を行くいちごの旬とは?プロのいちご農家・・・まとめ

クリスマスケーキのいちごについて記事にしましたが、
現在、会社の有給使って休んでいます。
いちご収穫をする農家の手伝いをしています。
楽しいいちごの収穫作業です。また記事書きます。



スポンサードリンク