スポンサードリンク




スクワットのやり方で、ジムで指導していただくときに、「膝はつま先より前に出ないように」とインストラクターに指導されます。


つま先より前に出ると、膝に負担がかかり過ぎて、筋力が弱い女性などは体を痛めてしまいます。


スクワットのやり方として特に注意されるのがこの膝の位置です。
そして、気になるのも膝の部分です。

 

  • 正しいやり方はどちらなのでしょう?
  • そして、スクワットをやると膝がミシミシと鳴るという人が多いのはなぜ?
  • スクワットで筋肉を増やしてダイエット効果も

スクワットのやり方で正しいのは?

スクワットのやり方で膝の位置?は気になりますね。
トレーニングジムのインストラクターのかたも、膝の位置は指導してくれますが、その意味はどうしてなのかは説明していません。

そこで、いつも雑談で登場していただく、ヨガのインストラクターに詳しく聞いてみました。
スクワットのやり方で、問題となる膝の位置ですが、どこの部分の筋力を鍛えるかによって違ってくるといいます。

スクワットのやり方

引用:https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E8%85%BF%E5%9B%…



ヨガコーチヨガコーチ

大腿四頭筋を鍛えたいということでしたら、つま先よりも膝は前に出してスクワットします。
膝の位置をつま先よりも前へ前へともっていけば、大腿四頭筋に負荷が増します。
また、同時に膝への負担も増します。

ヨガコーチヨガコーチ

大腿二頭筋(ハムストリング)などを鍛えたいというときは、膝の位置を前に出しません。
膝を出さずにお尻を引くスタイルの股関節スクワットとなります。
膝への負担は減りますが、股関節への負担は増えることになります。

スクワットのやり方として、膝の部分の位置関係は、前・後、どちらがいいとか悪いとかの問題ではなくて、鍛える筋肉の部位によって変わるということです。



ジムで指導を受けていて、スクワットの正しいやり方がわからなくなってしまったのは、この膝の位置だけです。
そこで、百聞は一見に・・・ということで動画をみつけましたので、じっくりみてください。
ちなみに、この動画でも「正しいスクワット」という表現してますが、気にしないでくださいね。


スポンサードリンク

スクワットのやり方のフォームと動きをマスターしましょう

    1. 脚を肩幅程度に開いて立つ。
    2. 股関節を曲げながら、お尻を突き出す。
    3. 重心を落としていく。
    4. 背筋を伸ばして上体をやや前に傾ける。
    5. 膝を曲げるのは90度まで。
    6. 最後はゆっくりと立位に戻る。

普通の女性の場合、筋肉の支えが足りませんので、膝を前に出すと膝の部分に大きな負担がかかってしまいますので要注意ですね。

 
この動画のスクワットのやり方では、膝関節に負担をかけないで足腰を鍛えています。
「膝を曲げる」のではなくて、背筋をピンとして「股関節をたたむ」といった感じです。
この動作で、自然とお尻を後ろに突き出すポーズが取れます。
ジムの鏡や部屋では窓ガラスに写る形からフォームをチェックできます。


ヨガコーチヨガコーチ

スクワットに初めて挑戦する人は、1回のスクワットを丁寧に行ってください。
自分で感覚がわかってきたら、2回、3回と徐々に増やしていきましょう。
いきなり、増やすことは、体に負担をかけるだけですので、それなりの筋肉ができてからにしましょう。

筋肉が増えればダイエットにも・・・

スクワットで筋肉量が増えれば、自然とダイエットにも繋がります。
私たち、女性の場合は筋肉が約35%、脂肪は約25%といわれますが、重さでも、体積でも大きな部分を占めているのは筋肉と言われます。


筋肉を増やし、脂肪を減らしましょう。
1kgの筋肉が増えれば、1日あたりの基礎代謝は50kcal増えるといわれます。
筋肉を増やせば、脂肪がつきにくい体質になって、スクワットの回数を増やしていけばダイエットに効果的です。


からだ全体から脂肪が少なくなって、外見からも締まって見えます。
そうです、「体がボワーっと」していなくて、シルエットがきれいになりますよ。


スクワットのやり方ばかりを記事にしてきましたが、私の場合ちょっと、問題がありまして・・・。
スクワットで膝がミシミシと音がします。

スクワットをすると膝がミシミシ?

スクワットに挑戦しようとするのですが、お尻を下げようとすると膝がミシミシと音がします。
最初の方が音がミシミシと聞こえます。膝のお皿の外側の方からミシミシ音がして、大丈夫かなと心配です。
特に痛くはありません。

ヨガコーチヨガコーチ

全体的に体がほぐされていない状態ですね。
スクワットする前に屈伸運動をしましょう。
反動をつけずにゆっくりやります。
スクワットと同等のエクササイズになります。

ヨガコーチヨガコーチ

心配しているのに、「気にしなくていいです」と言われてもこまりますよね。
膝が鳴るのは、指の関節を鳴らすのと同じで、指の関節を急に曲げることで、関節の中にある液体の圧力が急激に下がり、気泡が発生して、はじけて消失するときの音です。
あまり気にしなくて大丈夫ですよ。

スクワットのやり方で膝の位置が気になる?つま先より前or後?まとめ

スクワットのやり方で膝がつま先の前となのか後ろなのかという疑問が取れましたでしょうか?
自分が鍛えようとする筋肉への刺激をどの筋肉にするのかで、膝の位置は決まるという事ですね。

また、ミシミシと膝が音を立てるのは、指を鳴らすときの音と同じ種類の音だとか・・・。


スクワットは最初からは動画のようにうまく出来ません。
朝の顔洗ってから洗面台にに手をついて、10回程度からはじめてみたいと思います。
もちろん、ダイエット効果がありそうなので・・・。


スポンサードリンク

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村