スポンサードリンク

むくみ解消は水分代謝の乱れから引き起こされます。むくみ解消は食べ物によってもコントロールができます。むくみの対処法は、症状が出るカラダの部分によっても変わってきます。顔のむくみの解消の食べ物、下半身がむくみを解消する食べ物、カラダ全体が重く感じる解消する食べ物など対処法を調べました。

むくみ

エネルギー不足タイプ

疲れとともに肺のはたらきが弱まったことから、上半身の水分代謝が乱れて起こります。
<症状の特徴>
・まぶたが重く、顔にむくみが出やすい
・急にむくみが出る
・朝から夜までむくみが続く
・のどの痛みや鼻づまりの症状をともなう
・風邪を引いた時にむくみやすい
・毎日忙しくて寝不足が続いている
・軽い運動でも息切れし、慢性的に疲れやすい

<原因>
エネルギー不足から上半身の水分代謝が悪くなったことが原因です。毎日深夜まで忙しい日々が続き、睡眠不足になってませんか?

<プチ不調解消>
★体力を回復する「じゃがいも」「鯛」などがオススメ
★ショウガ、ネギ、しそなど薬味をたっぷり使って
★冷たい料理はNGです。体が温まる食事をこころがけましょう
★休日はしっかりとカラダを休ませてください。

<じゃがいも>
「風邪を引いた後」「生理の前後」は体力が低下しています。そんなときは、カラダの機能が弱まるため、顔にむくみの症状がでやすくなります。
このタイプのむくみには、カラダにエネルギーを与え、体力不足を改善するじゃがいもがオススメです。

じゃがいもに含まれる豊富な糖質は、エネルギー源として体温維持などの大きな役割を果たします。また、過剰な塩分を尿として排出するカリウムを多く含んでいるもの、むくみの人におすすめする理由の一つです。

冷え症タイプ

室内のエアコンや素足でサンダルを履く機会が多いことから、冬だけでなく夏にも症状がみられます。
<症状の特徴>
・下半身にむくみが出やすい
・腰が重く、だるさを感じる
・1年を通してカラダ全体が冷える
・室内では素足でいることが多い
・運動をする機会があまりない
・冷たい物を摂ると下痢しやすい

<原因>
カラダが冷え、水分代謝が乱れた状態です。素足、薄着など冷やしグセがついていませんか?

<プチ不調解消>
★カラダ内部から温める
★「シナモン」「菜の花」がオススメ
★寒い日はカラダを冷やす夏野菜を控えて
★生野菜よりも温野菜を選んで
★外出時にはストールで温度調節を

<シナモン>
空調うあ薄着などで全身が冷えると、水分の巡りが悪くなり水分が排出されないため、むくみの症状が出やすくなります。


特に下半身の水分バランスが崩れることから、ふくらはぎや太ももなどに症状が出やすくなります。カラダを温め、余分な水分を尿として排出するシナモンを積極的に摂りましょう。


有名なものでは「ニッキ」、京都のお土産で有名な「八つ橋」にも使われています。カラダを温めることで血行をうながし、肩こりや目の下のクマといった血行不良の症状や生理痛にも効果があります。


それからまた、シナモンは世界的にもかなり古くから使われているスパイスで、「愛」にまつわるエピソードが多いことで知られています。アラビアでは媚薬として利用されたり、古代ギリシャでは王侯貴族が深い愛情を示す際の最高の贈り物とされていたこともあるようです。シナモンの甘い香りには、甘くロマンティックな気分を演出する効果もあります。

「今しか見れない姿、残しませんか?」

食生活の乱れタイプ

ダイエットや美肌のために水をたっぷり飲んでいる人が起こしやすい症状です。
<症状の特徴>
・全身にむくみの症状が出る
・雨の日の梅雨の時期に症状が出やすい
・カラダが重く、動くとだるく感じる
・飲み物を常に欠かさず、たっぷり飲んでいる
・トイレに行く回数が少なく、尿の量も少ない
・胃がムカムカすることがあり、いつも小食

<原因>
胃腸が弱り、水分代謝機能が低下したことが原因です。必要以上に水分を摂っていませんか?

<プチ不調解消>
★余分な水分を排出する
「そらまめ」「とうもろこし」がオススメ
★水分の摂りすぎに注意して
★冷たい飲みものを避け、温かい紅茶を選んで
★生ものを避けて、消化が良く温かい食事を

<そらまめ>
このタイプの人は、習慣的に水分を摂り過ぎる傾向にあり、その影響でカラダの水分バランスが崩れて、全身にむくみの症状が出ます。


症状を解消するには、余分な水分を排出する食材を使って代謝機能を整えましょう。そこでオススメなのが、『そらまめ』です。


そらまめは、弱った胃腸のはたらきを高めて、余分な水分の排出をサポートする力があります。また栄養面でも、塩分を排出するカリウムを含んでいることから、ムクミの解消には高い効果が期待できる食材です。

<そらまめ&ペペロンチーノ>
ペペロンチーノのオイルに、蒸したそらまめとパスタを加えれば、「そらまめのペペロンチーノ」の完成です。パスタがゆであがる時間に合わせて、薄皮をむいたらそらまめを一緒に加えてゆでると、ひと手間省けます。

むくみ解消は食べ物によって修正できる!? まとめ

むくみのタイプは3つに分けられました。
あなたはどのタイプになりましたか?
むくんだ顔って健康とは言えません。
自覚症状が意外と解りづらいので、この際自分のむくみのタイプを掴んでくださいね。



スポンサードリンク