スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

TVや雑誌に最近頻繁に取り上げられるようになったスロージョギング。ウォーキングと同じスピードでスロージョギングは2倍のエネルギーを消費するといいます。スロージョギングはどのようにして行うのか?効果はいつから出始めるのか?ホットヨガの仲間や経験したひとたちに聞いてみました。

スロージョギング

スロージョギングで使うのは大きな筋肉

ダイエットに挑戦しようとして、ジョギングをはじめたり、ウォーキングしたりとみなさん走ることやせっせと歩くことをイメージしてトレーニングしますよね。


ウォーキングは間延びしてしまって・・・、ジョギングはハードで3日で止めてしまったという人多いですよね。


ランニング系に必要なことは、楽しくストレスがあまり貯まらないことが素人には必要ですよね。


たとえスピードが遅くても、スロージョギングは1歩ずつしっかり太ももを持ち上げるという動作をする必要があります。


このとき使う筋肉がお尻や太もも。背中から太ももの骨まで伸びていて上半身と下半身をつないでいる腸腰筋という筋肉。これらは身体についている筋肉の中でもっとも大きなサイズです。


これらの筋肉をフルに使うのがスロージョギングです。
股関節とひざ関節をよりダイナミックに動かす必要があるので、その周辺にある大きな筋肉が使われるスロージョギング。


最初は時速5kmから始めたスロージョギングの効果が半年も経たずに時速9kmになってしまいます。いつも間にか驚くような速さです。

スロージョギングのペースは?

ゆっくり走ることを「遅くてカッコ悪い」と思っている人が結構いらしゃいます。子供のころからの学校教育の弊害でしょうね。


すべてが競争、あの人よりも早く走る!
口には出さなくても、自然と脳に刷り込まれた競争意識をみなさんお持ちです。
これらは、スロージョギングにはまったく必要ありません(笑い)。
この脳の仕組みを全部取り外しましょう。


人は「走ってみてください」と言われると、自分の持ってる力よりかなり速いペースで走り出します。これって習性なんです。


ジョギングの時速は平均して7~8km程度です。
通常のランニングは時速10kmくらいですから。
そして、スロージョギングは時速4~5kmから始めます。
この速度は歩くスピードと同じです。


スロージョギングでスピードを体感するため、歩いている人の後ろについて追い越さないようにする練習からはじめましょう。
このスピードで楽に5分、10分、20分と楽にスロージョギングできます。

スロージョギング効果とは?

<糖尿病が改善する>
重度の糖尿病がスロージョギング効果で改善されます。
1日30~60分のスロージョギングを定期的に続けることで、血糖値を下げる効果は確実に期待できます。

<高血圧にも効果あり>
スロージョギングをはじめて5週間程度で血圧が下がります。
「サイレントキラー」と呼ばれる高血圧ですが、血圧の数値が高い人はスロージョギングをお勧めします。

<動脈硬化の予防に効果あり>
動脈硬化を引き起こすきっかけとなるのは、脂質異常症と呼ばれる生活習慣病です。血液の中に含まれる脂質が多いという状態ということです。

たった1回でもスロージョギングを行えば、翌朝には脂質が必ず減少してます。
今後、スロージョギングを薬だと思って習慣化すればコレステロールを取り除いてくれます。

<免疫力がアップ>
運動能力が高くなるほどがんの死亡率が低いと言われます。
このときの運動能力とは長く運動してもバテない持久力のことです。

つまり、スロージョギングのような持久力や体力を養う運動をしている人ほど、がんで死亡するリスクが低いということになります。

また、がんの予防だけに限らず、持久力を高める運動(スロージョギング)は免疫力をアップすることになります。さまざまな感染症から身を守るためにもスロージョギングで体力をつけることは非常に有効です。

<脳も若返りする>
年齢に関係なく増えている脳がもたらす病、アルツハイマー病の患者は「海馬」が委縮する病気。

これは脳にどれだけ酸素を取り入れるかで違ってきます。
歩くよりスロージョギングのほうが、酸素を取り込む能力は効率よく高まります。
アルツハイマー予防という意味では、スロージョギングほど適した運動はないっていっていいでしょう。

「シボヘール」>>詳しくはこちら


スポンサードリンク

スロージョギング効果はいつから?

スロージョギングだけを取り入れた場合、3ヶ月で3kgの減量が可能です。
食事制限を取り入れれば、3ヶ月で5~6kg、うまくいけばそれ以上の体重を落とすことができます。この減った分の体重の中に、内臓脂肪が含まれています。


内臓脂肪は腹筋の内側、まさに内臓に寄り添うように存在している脂肪のこと。
一定量以上に内臓脂肪が溜まってしまうと、血栓をつくったり、血圧を上げたり、糖尿病を引き起こさせるような悪玉のホルモンを出すようになります。


生活習慣の乱れでどんどん増える半面、食事制限や運動(スロージョギング)などによって比較的短期間に落とせます。

ホットヨガLAVAに通う前に1日&1週間の必要カロリー?
スロージョギングの正しいやり方がメキメキと身体を変える!
スロージョギングで痩せないなんてあなたに言わせない!!
スロージョギング効果は期間がかなり短いペースで減量できる!
スロージョギングとは?いつの間にか糖尿病が改善されてた?

スロージョギング効果でいつから・・・まとめ

運動経験の少ない人は、スロージョギング効果がいつからでははじめるのか気になります。


身体が運動経験していないので不安が増すばかりという状態になりますよね。
スロージョギング効果を求めるのであれば、長く続けること、生活の一部にすることが大事です。


3週間ほど継続できれば、運動しないとなんとなく気持ち悪くなってきます。
こうなったら、あなたのスロージョギングは成功と言えます。
スロージョギングでランの世界に見事にハマってください。

シボヘールの効果的な飲み方で脂肪を確実に落とす方法必見!

シボヘール口コミ評価ブログを冷静にチェックしてみました!

シボヘールの安全性は大丈夫ですか?製造工場に基準?検査は?

シボヘールの副作用はあるのか?原料の葛の薬効はどうなのか?

下半身の肉を落としたいとか肉が気になるひとは?これで美脚に!


スポンサードリンク

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村